ライフステージ別の保険相談の内容について

【保険相談】TOP
保険相談をするタイミングで迷っているときには、基本的にはライフステージが変化したときに出向いてみるのがお勧めです。ライフステージ別に見てみると、イベントが生じるたびに大きく必要な保障内容やかけられる保険金額の上限が変化していきますので、そのタイミングで保険相談をすることで、現状にぴったりの保障を手ごろな価格で受けられるようになります。

人生の節目節目の保険見直し

ライフステージ別に保険を比較してみると、独身時代で若い年代であれば、けがや病気などの可能性も低いため、仕事に危険を伴わなければそこまで充実した保証は必要ありません。ただし、結婚した場合には、配偶者や子供のことを考慮して、死亡保障を手厚くしておく必要があります。また、妊娠出産で配偶者が仕事を失ったり、子どもの教育費として学資保険を用意しておくなど支出が増えていきますので、さらに保障内容と比較して適切な保険の見直しが必要です。

家族構成、将来設計を考えて保険相談をしよう

このように、保険相談をするときにはライフステージ別にアドバイスの内容も変化していきますので、家族構成や家族全員の年齢などもきちんとメモしておくとよいでしょう。ライフステージ別で比較してみると、子どもが小さいうちは学費がそれほどかからないので、いざというときのためにある程度保障を充実させておきますが、子どもが進学すると家計の負担が大きくなりますし、子どもが社会人になるまでの年数も短くなりますので、死亡保障を徐々に減らしていく方法もあります。このように、ライフステージ別の見直しは家計の負担を軽減させるうえでも役立ちますので、こまめに保険相談を利用するとよいでしょう。

就職、結婚、出産、離婚、30代、40代、人生の節目はFPに相談!

保険相談は、自分が加入している保険会社の外交員だけでなく、フィナンシャルプランナーや相談サービスなどを利用するとよいでしょう。これらは中立的な立場から、数ある保険会社の商品を紹介してくれますし、現在加入している保険で保障内容や特約が重複している場合などは、すぐに不要な部分を省いてもらえますので、本当に自分のためになる保障内容での見直しをすることができます。もちろん、無料で利用することができますし、乗り換えの時にも面倒な手続きは代行してもらえますので、非常に便利です。